Windpath

大橋家住宅 2

a0157609_531365.jpg

28mmユニットの暈け味もなかなかのものだと思います。
高感度画質に関してはAPS-C機としては普通のレベルでしょうか。
個人的にはISO1600迄なら後処理(Raw)やカメラ内処理(Jpeg)で何とか使えそうそうです。
細かなチェックはしてませんがISO3200になると、暗部に色被りが出たケースがあります。




2 
a0157609_5434138.jpg


3 
a0157609_543125.jpg


4 
a0157609_5445228.jpg


5 
a0157609_5453081.jpg


6 
a0157609_5455740.jpg


7 
a0157609_814254.jpg


ここ数年はこの手の被写体を撮影することがほとんど無くなりました。
手軽に撮るには映像素子が小さく深度が稼げ、手振れ補正の付いたマイクロフォーサーズ辺りが最適です。
記録写真的に本格的に撮るなら5Dm2+三脚。
エージングされた雰囲気重視ならS5pro。
このカメラの場合は積極的に撮りに行かないまでも、旅先で少し本気モードを出す撮影には良い感じかもしれませんね。(^^;)
[PR]
by idosan2 | 2011-08-30 05:47 | 建物・史跡