Windpath

庶民の味方

a0157609_21533467.jpg

最近発表になったニコンの新レンズ群、デフレの世の中にあって強気な価格設定ですね〜。
一部のマニアやプロ仕様のレンズであれば問題無いですが、庶民のカメラ趣味を支えるレンズの価格はもう少し低くしないと、これでは我々のような貧乏カメラ趣味人が使えるレンズは、純正なら入門用のズームキットかベーシックな単焦点レンズに限られてしまいます。

そんな中、デジカメWatchに出てたTAMRON 70-300mmの作例には少しグラッときました。
廉価版望遠ズームのネックになるテレ端の描写もかなりいけてますし、超音波モーターに効きが良いと評判の手振れ補正付きで実売は4万円台半ば。
勿論、格上の望遠レンズと比べると少し厚化粧をしたおねえさんっぽい描写は避けられませんが、価格を考えると立派なものだと思います。
描写自体はニコン時代に比べる相手が悪く2日で手放したVR70-300より良いかもしれません。
特にキャノンマウントは対等に比べられるレンズが無いだけにヒットの予感がします。

タムロン・シグマ・トキナーには庶民の味方としてこれからも頑張って欲しいものです。



デジカメWatchの作例を無断で掲載させてもらいます。
D700でのテレ端300mmのF5.6(開放)の画ですが上はオリジナル。
下はLightroom3で色温度を調整、少しスッキリさせて軽くシャープネスをかけています。
現在の手持ちのレンズは200mm止まり。
フルサイズで使うには物足りないケースが多いのですが、かといって重く大きな高性能レンズを買う財力も無ければ持ち歩く気力もありません。(^^)
個人的な望遠ズームの理想型はオリンパスの50-200mmなんですが、画角の変わるフルサイズに求めるのも無理な話で、鳥撮りも休止中の現在はこのあたりが手の打ち所かもしれません。
ただ、D700より画素ピッチの狭い5DMark IIや7Dで何処まで描写してくれるのかを確認する必要はありそうですが。

a0157609_9361072.jpg

a0157609_9314792.jpg
画像クリックで拡大します。 1200×800

このクラスの望遠ズームの300mmテレ端は明らかに解像度感が落ち、ぼんやりしたイメージになりがちです。
少しレタッチしましたが、テレ端開放でワンコの毛並みがここまで表現出来れば100点をあげたいです。
[PR]
by idosan2 | 2010-08-25 21:56 | カメラ