Windpath

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

洞爺湖周辺

a0157609_985134.jpg
画像をクリック後、拡大してご覧下さい。

冬型の気圧配置に望みを託して予定を変更して太平洋岸近くの支笏湖〜洞爺湖周辺へ。
この時期残雪のある山々を望めなくては来た意味が無いじゃんとぼやきつつ、雨にたたられた支笏湖はスルーしてR276からR453へ。
道幅が広く比較的直線道路が多いのでスピード感が狂い、知らぬ間に80Km/hを越えてることもしばしば。
洞爺湖周辺にさしかかってやっと雨が上がってくれたので、昭和新山を近くに見ながら有珠山ロープウェイで展望台に上ってみました。
雲が低く垂れ込めていて、下から見ると展望台は雲の中でしたが、到着時には少し晴れて何とか下界を望む事ができました。

続きがあります。
[PR]
by idosan2 | 2013-04-30 09:09 | 風景 | Trackback | Comments(0)

神威(カムイ)岬

a0157609_19422765.jpg
画像をクリック後、拡大してご覧下さい。

滞在中は雨まじりの曇り空ばかりとは日頃の行いがよほど悪いのでしょう。
しかし、の先端まで行って引き返そうとしたとたんに雨が降りだしたのは、天気予報の正確さとスマホ。そして都合良く行程を変えられるレンタカーと時間通りに動けるカーナビのおかげでした。
コバルトブルーの海は拝めませんでしたが、鉛色の海に突き出た神威岬は神聖な雰囲気が漂うカムイの名に相応しい場所でした。

続きがあります
[PR]
by idosan2 | 2013-04-27 12:38 | 風景 | Trackback | Comments(2)

GR

a0157609_21134381.jpg


今度のGRはRICOHも力が入ってるみたいですね。
このサイトのサンプル画像を見てると解放で四隅までほとんど乱れないレンズの性能にびっくりです。
慣れればこれほど操作性の良いカメラは無いですし、それに描写の良さとハンドリングの良い形と大きさが加われば普段使いのカメラとして鬼に金棒でしょう。
もちろんじっくり撮るなら他の選択肢もありますが、28mmが好きな人のサブカメラとしては最良の選択に思えます。
コクのあるGRDの画が好きだっただけに、CCDじゃ無くなったのは残念な所ですが、こればかりはどうしようも無いですもんね。

反面、ブログに載せるお気楽スナップならGRDの画質で十分ですし、深度が浅い分使い易さも上です。
購入するにしても毎度の周回遅れでしょうか。(^_^;
[PR]
by idosan2 | 2013-04-18 21:14 | カメラ | Trackback | Comments(6)

ホッと一息

a0157609_21505645.jpg


写真とは全く関係ありませんが、2年間つとめた自治会役員の任期が終了しました。
この日を待ちわびてた割には開放感があまり無いのが自分でも不思議ですが、他に憂慮することが沢山有るって事なのでしょう。
深みにはまらず、良い意味で適当に考えることがこの先楽に生きる秘訣なのかもしれません。
[PR]
by idosan2 | 2013-04-15 21:58 | 草花 | Trackback | Comments(2)

緊急地震速報

a0157609_15163079.jpg


今朝は携帯電話の緊急地震速報の大きな音と少し大きな揺れが手荒い目覚まし時計になりました。
今回は震源地と観測地点が近いようですし、揺れと警報がほぼ同時に来たので地震速報が今後役に立つかどうか少し考えてみました。
当地から淡路島の震源地(観測地点)までは直線で70Km程あります。
地震震動P波(7Km/秒)は10秒ほどで到達しますから、電気や電波の速度を無視すれば、揺れと警報が同時に来たことで地震発生から速報を流すまで10秒ほどかかったということになります。(実際には震源地=観測点では無いので8〜9秒ぐらい?)

確実に起こると言われてる南海トラフ地震に置き換えて見ると、仮にP波到達に22秒くらいかかる155Km離れた室戸岬でとらえた地震波が利用されれば、地震速報が鳴って12〜14秒後に最初の揺れが来る計算ですし、沖合の海底地震計がもっと早い時間にとらえれば動ける時間はより長くなりそうです。
この時間を上手く利用すれば家庭内で怪我をすることは避けられるかもしれません。・・・ホントに?(^_^;
[PR]
by idosan2 | 2013-04-13 15:33 | つぶやき | Trackback | Comments(2)