Windpath

dp3merrill 退院

a0157609_846479.jpg
2アクションの画像クリックで拡大します。

朝から雨降り。
散歩にも行けず、何やらもの言いたげの様子。

画像に細い縦線が入るようになり、修理に出していたDP3mが帰って来ました。
予想通り、映像素子ユニット交換という大手術をしたようです。
メーカーに到着するとまず確認の電話が入り、修理にとりかかる前に症状の再確認電話。
そして完了後の出荷連絡と、今までのメーカーに無い丁寧な対応はななかな良かったです。
今回はメーカー保証期間内で事なきを得ましたが、このところカメラの延長保証に入らない事が多いですから、考え直した方が良いかもしれません。
先日は洗濯機が故障して、延長保証に救われたばかりですし・・。(^_^;
[PR]
by idosan2 | 2014-11-09 09:02 | カメラ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://idosan2.exblog.jp/tb/20363327
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jikomannte at 2014-11-09 09:07
小吉さんの眼、語ってますね~。
メリルにピッタリのシチュエーション、流石ですね。
Commented by idosan2 at 2014-11-09 13:17
☆純さん
上目使いや横目の時には、妙に人間ぽい目つきになるんです
が、白目の部分の大きさがポイントのようです。(^_^;
フェイスブックに同じ写真を載せたら、小吉と目が合ったっ
てコメントを頂いたのですが、リアルに撮れることと無関係
じゃ無さそうですね。
Commented by GON at 2014-11-10 21:46 x
しばらくDP3m見ないと思ってたら、入院してましたか。
無事退院良かったですね。それにしても流石、キレが
違いますね。小吉くんの目の鋭さが物語ってます。
Commented by idosan2 at 2014-11-11 09:13
☆GONさん
細い縦線が天地一杯に入るようになって、メーカー送りにし
たんですが、フォビオンの尖った性能の裏にある脆さを感じ
ました。
DP3mは、フォビオンらしい画を撮るには良い選択でしたが
もう少し出番を増やさないと、浮気性が再発するとトレード候補になりそうです。(^_^;