Windpath

ウインターコスモス

a0157609_1342952.jpg

今朝から強めの北風が吹いていますが、日差が心地良いです。

GR(換算28mm)で撮ったにしては、かなりトリミングしてると感じられると思いますが、APS-Cになってから28mmに加えて35mmと47mmにクロップできるようになりました。
数字に合わせて画素の受光面積を変えてるだけで、トリミングと一緒なんですが、撮影時はレンズ交換と似た感じで結構楽しめます。
[PR]
by idosan2 | 2013-11-28 13:42 | 草花 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://idosan2.exblog.jp/tb/19062319
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by jikomannte at 2013-11-28 20:24
「ベースの28mmに加えて35mmと47mmにクロップできる」
と云うことは、背面のモニターが35mmや47mm画角でフレーミング出来ると
云うことでしょうか。
それでしたら、レンズ交換したような感覚で楽しめますね。
Commented by idosan2 at 2013-11-28 21:06
☆純さん
嬉しいことに背面モニターも画角に応じて変化しますよ。
28mm→APS-C 1690万画素
35mm→APS-C 1030万画素
47mm→APS-C 560万画素
てな感じで実質の画素数は減ってしまい、特に47mmでは
風景撮りには物足りませんが、接写にはかなりの効果ありです。