Windpath

徳守神社神輿巡幸

a0157609_17101592.jpg
2アクションの画像クリックで拡大します。

徳守神社(津山)を出た1トン超の神輿が8時間かけて市内を練り歩きます。
何やら魚眼レンズの試し撮りみたいですが、祭りは撮り慣れないと難しい〜と実感。
魚眼以外のレンズの選定も間違ったようなので、+度胸と少し勉強してリベンジします。(^_^;



2
a0157609_17103614.jpg

3
a0157609_17105658.jpg

4
a0157609_17111935.jpg

5
a0157609_17202429.jpg

6
a0157609_17142645.jpg

7
a0157609_17121939.jpg

8
a0157609_17145762.jpg

9
a0157609_17152890.jpg

10
a0157609_20182643.jpg

11
a0157609_17161428.jpg

12
a0157609_1722888.jpg

13
a0157609_17171420.jpg

14
a0157609_10392917.jpg

15
a0157609_10395756.jpg

[PR]
by idosan2 | 2013-10-27 17:55 | 遠き日の記憶 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://idosan2.exblog.jp/tb/18860886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kazahana297 at 2013-10-28 18:07
こんばんわ
広角の曲がりの中に 様々な情報が凝縮されていて
見ごたえがあります
カラーよりもモノクロの方が鮮やかに見えるのが不思議です

Commented by jikomannte at 2013-10-28 19:28
今回は1、3、9枚目にしびれております。
魚眼で神輿の懐に入ってのフレーミングが、秀逸ですね。
Commented by idosan2 at 2013-10-29 08:08
☆kazahanaさん
おっしゃるように人混みでの魚眼はいろんな表情が見えて面白いですよ。
モノクロの方が鮮やかに見えるとしたら、その人の感性や想像力が豊かだからじゃないでしょうか。
Commented by idosan2 at 2013-10-29 09:35
☆純さん
小さな脚立を持って行けば良かったのですが、現場はファインダーをのぞける環境じゃ無かったので、魚眼の画は5枚目以外は両手持ち上げのノーファインダー撮影です。
トリミングもほとんど無しで上手く納まってるのが自分でも不思議なんですよ。(^_^;